歯根

上下の顎骨にある穴に埋まっている部分で、セメント質で覆われています。

歯根の長さが100mm以上あり、その周囲の歯槽骨が健全であれば、この歯根を利用して、支台築造という軸構造を構築して、歯冠修復しても、歯の機能回復に利用することが可能です.

歯根が咬む力を顎骨に伝え、それで歯としての機能を果たしているのです。