治療が終了するまでに何日かかりますか?

状態によって異なりますので、診察をして治療にとりかかる前にお知らせします。

1. 虫歯が深くても、歯髄が露出しても,咬む力で歯が破折しない程度であれば,1回で充填して終わるか、アマルガムであれば、2回目に表面を磨いて終わります.

2. 1) 詰めたのでは、咬む力に長く耐えられない場合には,被せる必要がありますから,その場で、支台歯形成といわれる削りを行って、仮の歯を製作して、セメント合着して、その後,1ヶ月以上期間を待ち、2) 歯髄が石灰化して象牙質の厚さが増した歯が強くなり、また、金属冠を被せても、冷水が強くは沁みなくなるのを待った後で、2回目に印象を採得して、3) 3回目に歯冠修復物を完成させて終わります.

3. 1) 歯根が生きていれば、TMS Screw Postなどを使って、歯冠部分を築造して、直ぐに仮の歯を製作して咬める形を回復します.

1)歯根歯髄が死んでいる場合には、歯内療法を行い、直ぐにCrown Saver Anchir Screwを使って歯冠部分を築造して、仮の歯を製作して、直ぐに咬める状態にします.

 2) 以上の2つの場合には、歯根周囲の歯槽骨が咬む力に順応・適応するのを1ヶ月以上待ってから印象を採得します.

 3)その1週間後には最終歯冠修復が完了して終わります.

4. 1) 抜歯する必要がある歯でも、周囲が急性の感染症や広範囲の慢性感染書になっていない場合に
  は,歯が無い部位と同様に、抜歯と同時にインプラントを植えて、その場で即時に仮の歯が入
り、 機能が回復します.

2) 植立した後も7〜10日後に経過を観察し、その後、1ヶ月毎に経過を確認します.
  3) インプラント周囲の歯槽骨が治癒して成熟するのを7ヶ月程度待った後で、印象採得します.
  4) 1週間後には最終補綴が終わります.
  5) 後は1ヶ月後,3ヶ月後.6ヶ月後に定期観察します。